スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='http://assys01.fc2.com/1374' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="http://media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
50

蛍フォトコンテストの素晴らしい写真

蛍フォトコンテストの受賞者が決まりました。大月の森キャンプ場内で取られた素晴らしい写真!いろいろな方が撮影チャレンジされましたが、ほんと蛍の撮影は難しいようです。おめでとうございます。<受賞者>水谷隆夫(名古屋市 59歳)<作品タイトル>幻想に包まれて<撮影場所>大月の森公園キャンプ場内<撮影条件>2013年7月16日 22:30~23:30頃 撮影キャノン イオス5D、ISO-3,200、F1.4開放、15秒コンポジット処理-38カット... 蛍フォトコンテストの受賞者が決まりました。<br /><br />大月の森キャンプ場内で取られた素晴らしい写真!<br /><br />いろいろな方が撮影チャレンジされましたが、ほんと蛍の撮影は難しいようです。<br /><br />おめでとうございます。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-61-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/20130926081719326.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/20130926081719326s.jpg" alt="20138281幻想に包まれて/水谷隆夫" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><br /><受賞者><br />水谷隆夫(名古屋市 59歳)<br /><br /><作品タイトル><br />幻想に包まれて<br /><br /><撮影場所><br />大月の森公園キャンプ場内<br /><br /><撮影条件><br />2013年7月16日 22:30~23:30頃 撮影<br />キャノン イオス5D、ISO-3,200、F1.4開放、15秒<br />コンポジット処理-38カット、9分30秒相当<br /><br /><撮影者感想><br />ここ数年ヒメホタルの撮影をしていますが、なかなか気に入った写真が撮れず、今年度も4度撮影に行きましたが作品になるような物はなく、<br />たまたまネットで拝見しキャンプ場へ連絡し伺い撮影した1枚です。<br />これだけのヒメホタルを見たのは初めてで感動しました。<br />ヒメホタル達を荒らされることなく、ル-ル作りも含め永く守っください。<br /><br /><講評><br />夜間での蛍の撮影、考えただけでも難しいテーマだったと思います。決して強くない蛍の光は、手持ちで撮っては無理。ストロボなぞは論外。三脚に固定するならば光を流すように撮影するのが常道といったところを、コンポジット合成で蛍の軌跡を点状に表現することで、表題の「幻想に包まれて」いた感動を伝えようとしていることがわかります。知る人が少ない秘密の場所を発見したことは撮影者にとっては天運とも言えるものですが、「ヒメホタル達を荒らされることなく、ル-ル作りも含め永く守っください」とコメントにも添えられるように、愛おしくも繊細なるこの風景をどのように守るのか、私たちに改めて問いかけるものだと思います。<br />(郡上市交流移住推進協議会 高垣(カメラ好き))
48

おくりさん

「母さん、私はとんでもない罪をおかしてしまったの」っというおくりさんの葛藤が描かれている、、、。おくりさんとは、住職の妻。郡上を舞台にしたこんな本が手元にやってきた。作者は和良在住の方なのだ。... 「母さん、私はとんでもない罪をおかしてしまったの」<br /><br />っというおくりさんの葛藤が描かれている、、、。<br /><br />おくりさんとは、住職の妻。<br /><br /><br />郡上を舞台にしたこんな本が手元にやってきた。<br /><br />作者は和良在住の方なのだ。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/sIMG_3592.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/sIMG_3592s.jpg" alt="sIMG_3592.jpg" border="0" width="450" height="599" /></a><br />
45

明宝ー和良 トンネル開通。さてどれくらい短縮?

明宝ー和良 間のトンネルが開通しました。17年越しとのこと!雨の中式典が行われました。くす玉割りの出番を待つミナモちゃん。式典は雨がふりましたが、翌日は晴天。では時間を検証してみましょう。スタートは、道の駅「和良」。まず、西に向かい郡上八幡経由で遠回りの時間を測定します。それでは出発!走って5分。うっかり見過ごしそうになった、郡上鍾乳洞入り口がありました。走って10分。美山鍾乳洞があります。ここはかな... 明宝ー和良 間のトンネルが開通しました。<br />17年越しとのこと!<br /><br />雨の中式典が行われました。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2570.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2570s.jpg" alt="IMG_2570.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />くす玉割りの出番を待つミナモちゃん。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2572.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2572s.jpg" alt="IMG_2572.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />式典は雨がふりましたが、翌日は晴天。<br />では時間を検証してみましょう。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2579.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2579s.jpg" alt="IMG_2579.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />スタートは、道の駅「和良」。<br />まず、西に向かい郡上八幡経由で遠回りの時間を測定します。<br />それでは出発!<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2580.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2580s.jpg" alt="IMG_2580.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />走って5分。<br />うっかり見過ごしそうになった、郡上鍾乳洞入り口がありました。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2581.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2581s.jpg" alt="IMG_2581.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />走って10分。<br />美山鍾乳洞があります。ここはかなり大きい鍾乳洞。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2582.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2582s.jpg" alt="IMG_2582.jpg" border="0" width="374" height="499" /></a><br /><br />峠の頂上につきました。ここまで20分。<br />八幡に下る堀越峠が工事中の為、となりの道を使います。<br />(そんなに時間は変わりません)<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2586.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2586s.jpg" alt="IMG_2586.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />峠の途中でまたもや鍾乳洞。<br />和良ー郡上八幡の間に3つも鍾乳洞があるわけです。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2587.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2587s.jpg" alt="IMG_2587.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />峠を下りて、郡上八幡の中心につきました。<br />ここまで30分。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2590.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2590s.jpg" alt="IMG_2590.jpg" border="0" width="374" height="499" /></a><br /><br />ここからせせらぎ街道に入って明宝へ向かいます。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2591.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2591s.jpg" alt="IMG_2591.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />北上し道の駅「明宝」に到着。<br />ここまで50分。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2592.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2592s.jpg" alt="IMG_2592.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />もう少し北上し明宝郵便局に到着。<br />ここがトンネルへ繋がる道の入り口。<br />道の駅「和良」ー明宝郵便局まで55分といった所でしょうか。<br />だいたい1時間ですね。<br /><br />さて、ここからが本番!<br />短縮されたルートを通り、<br />道の駅「和良」までの時間を計ります。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2594.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2594s.jpg" alt="IMG_2594.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />細い道をのぼって行くと工事中?<br />繋がってるのかな?<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2593.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2593s.jpg" alt="IMG_2593.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />特に通行止めもなく道が広くなって、立派な橋が見えて来ました。<br />道路の筋は雪対策?<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2595.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2595s.jpg" alt="IMG_2595.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />橋からの眺めも最高。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2597.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2597s.jpg" alt="IMG_2597.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />そして待ちに待ったトンネル。<br />17年分です!<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2598.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2598s.jpg" alt="IMG_2598.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />中は涼しく快適。<br />正真正銘のトンネルです!<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2600.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2600s.jpg" alt="IMG_2600.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />早!<br />そして出口にあっけなく到着。<br />昨日式典が行われた所ですね。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2601.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2601s.jpg" alt="IMG_2601.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />民家が見えて来てすぐ左には、<br />個人的に大好きなB級スポット「温泉スタンド」が見えてきます。<br />不思議そうに眺めている方が1人いらっしゃいました。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2602.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2602s.jpg" alt="IMG_2602.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />そして、道の駅「和良」に無事到着。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2605.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2605s.jpg" alt="IMG_2605.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />時間は,,,,<br />25分!<br /><br />早い!<br />今まで明宝へ行くのに1時間かかっていたが、半分の30分という感じです。<br /><br />和良のキャンプ場に来るとき、明宝のスキー場に行くとき、<br />使えますねこれは。<br />時間検証レポートでした。
44

和良鮎釣り教室

地元小中学生を対象とした和良鮎釣り教室があり、それに混じって鮎釣りデビューいたしました。前日の長良川ラフティングのお手伝いで、ヒリヒリになった赤い日焼けの上からの初の鮎釣り。痛いのと楽しいので半々です。小学校低学年は、雑魚釣り。高学年と中学生は、鮎の友釣り。「竿はまたぐな!」と怒られながら、竿の延ばし方や仕掛けの付け方を地元の有志達に教えてもらう。最近の仕掛けは、手間がかからないよう出来上がった状... 地元小中学生を対象とした和良鮎釣り教室があり、それに混じって鮎釣りデビューいたしました。<br /><br />前日の長良川ラフティングのお手伝いで、<br /><br />ヒリヒリになった赤い日焼けの上からの初の鮎釣り。<br /><br />痛いのと楽しいので半々です。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2453.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2453s.jpg" alt="IMG_2453.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />小学校低学年は、雑魚釣り。高学年と中学生は、鮎の友釣り。<br /><br />「竿はまたぐな!」と怒られながら、竿の延ばし方や仕掛けの付け方を地元の有志達に教えてもらう。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2455.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2455s.jpg" alt="IMG_2455.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />最近の仕掛けは、手間がかからないよう出来上がった状態で売っているが、<br /><br />それでも長さや目印の位置などは、ベテランにアドバイスをもらわないと解らない事ばかりだった。<br /><br />友釣り独特のおとり鮎に鼻カンをつける時などは、「ゴメンネ」と心の中で叫び、<br /><br />お腹に引っ掛ける針は「痛くないのだろう」っと信じるばかりだった。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2460.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2460s.jpg" alt="IMG_2460.jpg" border="0" width="374" height="499" /></a><br /><br />となりの中学生に多少先輩づらしながらのスタート。<br /><br /> <br /> 一匹目のおとり鮎を川の真ん中あたりに投げ込む。<br /><br />がしかし、なぜか足下に泳いで来る。また、川の真ん中に投げ込むがまた近くの岩影まで戻って来る。<br /><br />竿の扱いが下手なんだろうな〜っと思いながら、何回が繰り返し終了。おとり鮎を交換してもらった。<br /><br /> 二匹目のおとり鮎は元気が良くて、シュルシュルっと川の中に入って行った。<br /><br />クルクルと川の真ん中あたりを泳いでいる感覚がわかったが釣れなかった。<br /><br /> 三匹目のおとり鮎でようやく、鮎を泳がせて移動させるような感覚をつかみ、グンっと引っ張られる手応えも解ったが時間終了。<br /><br />3匹のおとり鮎を使ったが、釣れない1時間半が過ぎた。<br /><br />となりの中学生三人組に聞いてみると、3~4匹釣ったらしい、、、、。汗<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2471.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2471s.jpg" alt="IMG_2471.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />さてここからは、バーベキューの準備。<br /><br />小学生と一緒に和良鮎をクシに刺す。<br /><br />目の下から差してS字になるようするが、小学生君、、、。<br /><br />グリグリやってビチビチバタバタなっとりますがな。<br /><br />グサッとあの世に送ってやって、しっかり食べてやりましょう。<br /><br />そしてこうなりました。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2468.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2468s.jpg" alt="IMG_2468.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />小魚はこうなりました。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2466.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2466s.jpg" alt="IMG_2466.jpg" border="0" width="374" height="499" /></a><br /><br />焼きソバもケイちゃんも取り立てトマトも追加されみんなでバーベキュー。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2472.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2472s.jpg" alt="IMG_2472.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />毎年恒例の鮎釣り教室も無事終了。<br /><br />友釣りプロが現れる日が待ちどおしい。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2476.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2476s.jpg" alt="IMG_2476.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />
43

姫蛍が出始めた。

2時間かけて高速を飛ばして来る人。三日連続で足を運ぶ人。いままで見た事ない光景と叫ぶ人。大反響だった源氏蛍に続いて、姫蛍が出始めました。今年作られたこの看板もようやくスポットライトが当たり出しました。姫蛍は源氏蛍と違い森の中に生息し、目に刺さるような昆虫とは思えない光り方をします。ひじょ〜に解りにくい場所、しかも夜10時~12時完全に闇となった頃に出るので、キャンプ場管理人さんに教えてもらって行くのが... 2時間かけて高速を飛ばして来る人。<br /><br />三日連続で足を運ぶ人。<br /><br />いままで見た事ない光景と叫ぶ人。<br /><br />大反響だった源氏蛍に続いて、姫蛍が出始めました。<br /><br />今年作られたこの看板もようやくスポットライトが当たり出しました。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2214.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/w/a/r/waraokoshinews/IMG_2214s.jpg" alt="IMG_2214.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />姫蛍は源氏蛍と違い森の中に生息し、目に刺さるような昆虫とは思えない光り方をします。<br /><br />ひじょ〜に解りにくい場所、しかも夜10時~12時完全に闇となった頃に出るので、<br /><br />キャンプ場管理人さんに教えてもらって行くのがオススメです。<br /><br />キャンプ場は、14日(土曜)21日(土曜)はすでに予約で一杯。<br /><br />15日(日曜祝日前)20日(金曜)は数個だけバンガローが開いているとの事で早いもの勝ち。<br /><br /><a href="http://gujo-wara.jp/ohtsuki-blog.html" target="_blank" title="蛍マニアの管理人さんに電話">蛍マニアの管理人さん</a>に電話して聞いてみて下さい。<br /><br /><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。